← 戻る ブログ

AIで視覚的に見る、東京の中古マンション価格

  • データのインサイト
By Roswitha Brunner - 2021年 12月 13日
Blog pricemap Japan_new.png

東京のマンション価格は、ここ数年で大きく値上がりしました。

どこのエリアが、どのくらい値上がりしていたでしょうか?

スイス発の不動産テック企業、PriceHubble(プライスハブル)が、AI不動産査定によって、東京のマンション価格の分布、推移を視覚化します。

東京都心(東京タワーを中心)のマンション価格(2015年)

PriceHubbleのAI査定モデルを使って、「2005年築の中古マンション物件」の平米単価を算出しています。

赤いエリアが平米単価が高く、黄、緑、青の順に価格が安くなります。
2015年時点では、青山、代官山など、都心の高級住宅地を中心に赤色のエリアがあります。

pricemap-tokyo-2015.png
画像:東京都心の価格(2015年)

東京都心(東京タワーを中心)のマンション価格(2021年)

下のマップは、6年後の2021年です。

2015年と比較すると、赤色が広範囲になっています。

赤色は、70㎡の広さでも、1億円を超える物件になります。東京都心では、2005年築(築16年)の中古マンションでも、「億ション」が一般的になっていることが分かります。

pricemap-tokyo-2021.png
画像:東京都心の価格(2021年)

東京都、市区ごとの値上がり率

上記のマップと同じ条件(2005年築のマンション)で、市区ごとに、2015年から2021年の値上がり率を算出しました。

23区は、全て、大きく値上がりしています。都心3区(千代田区、中央区、港区)、城東(東京23区東部)の伸びが高いです。

一方で、市部は、0%前後の市も多いです。市部も、武蔵野市など、都心に近いほど値上がり率が高くなります。

Blog_JP_pricemap_table1_new.png
表:2015年~2021年のマンション値上がり率(2005年築)トップ10(23区)
Blog_JP_pricemap_table2_new.png
表:2015年~2021年のマンション値上がり率(2005年築)トップ10(市部)

湾岸エリアのマンション価格

次に、もう少し狭いエリアで、価格のマップを見てみましょう。

以下のマップは、東京の湾岸エリアです。近年、再開発で、多くのマンションが建てられました。

pricemap-bayarea-2015.png
画像:湾岸エリアの価格(2015年)
pricemap-bayarea-2021.png
画像:湾岸エリアの価格(2015年)

やはり、都心に近いほど、価格が高いことが分かります。

また、2015年と2021年のマップを比べると、都心だけでなく、湾岸エリアでも値上がりが進んでいます。値上がり率は、都心に近い方が高い傾向があるようです。

例えば、次の表のように、田町駅、勝どき駅、有明駅周辺の価格を比べると、都心に近い順に値上がり率が高くなっています。

Blog_JP_pricemap_table3.png
表:値上がり率の比較

その他のブログ記事

Blog pricemap Japan_new.png

AIで視覚的に見る、東京の中古マンション価格

東京のマンション価格は、ここ数年で大きく値上がりしました。どこのエリアが、どのくらい値上がりしていたでしょうか?

  • データのインサイト
詳細を見る →
Blog article Hubble.png

「プライス」と「ハブル」の関係は?

エドウィン・パウエル・ハッブルの誕生日にちなんで、プライスハブルの社名の由来をお話したいと思います.

  • Inside PriceHubble
詳細を見る →
Blog PH Product Designer.png

PriceHubbleにおけるプロダクトデザイナーの一日

ビジネス、市場、ユーザーニーズの間のギャップを埋めることにデザイナーは焦点を合わせます。エンドユーザーに良い体験を提供することは、最終的にお客様がプロダクトとどのように関わるかに影響します。

  • エンジニアリング&デザイン
詳細を見る →
Thank you for your inquiry. We will contact you shortly.
Something went wrong. Please try again in a while.